メルラーのフリマ・物販ライフ 

主にメルカリなどのフリマアプリ、アマゾンについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリなどのフリマアプリ、アマゾンなどを利用しての経験の情報を更新していきます!PR案件なども募集しております!

中国輸入したら店閉店して詐欺られた話 詐欺られない方法

スポンサーリンク

f:id:meruler:20200910172218j:plain

どうも!中国輸入には慎重なメルラーです。

 

まず日本ではあまり考えられないことが中国輸入ではあります。

その一つが詐欺られることです。

 

詐欺られないためには経験を積んでいるか、大量なノウハウがあるかですね。

今回は実体験した詐欺られた話とともに対策法もご紹介します。

 

 

 

中国輸入したら店閉店され注文した商品の個数全てが送られず詐欺られた

中国輸入ではとにかく日本では考えられないことがあります。

ネットに書いてあるノウハウなどの通りにやらないと結構詐欺に引っかかります。

 

まあこれもやってみないとわからないのですが...

 

まあ、普通に中国のショッピングサイトで商品を購入したのですが、購入してから商品が発送されそれから何日か経ち商品が届きました。

 

頼んだ商品が送られた時には商品が少ないためこれはおかしいと思いその購入したショップに問い合わせしようとしたところ...

 

その購入したところのショップを見たらページが見れないのです。

 

まさかと思い連絡をとってみたらあやふやな返事しかしません。

挙句の果てに返事もしなくなりやりとりは終わりました。

 

 

中国輸入で詐欺られたら対処する方法

クレジットカードであれば1ヶ月支払いの猶予があります。

例えば月末締めの月末支払いであれば月初めに商品を購入すれば、大体1ヶ月以内に商品が届くはずですのでもし詐欺られて送られてもクレジットカード会社に支払いを止めるようにすれば商品を売っている方に支払いが来ないことになるので相手も困るはずです。

 

そうすれば相手も送られてこなかった商品を送るはずです。

 

それでも送ってこなかったり、連絡が取れなくなれば相手の責任にしてカード会社にその購入して届かなかった分のお店からの引き落としをなくせば良いのではないでしょうか?

 

まず、引き落としがなくなれば相手も譲歩してくると思います。

 

 

中国輸入で詐欺られない方法

評価が多く、ショップ名が初期のショップ名でなく店の人がつけたと思われるしっかりとしたお店の名前のところから商品を購入すればまず詐欺られることがないでしょう。

 

ショップの評価が多いのはやはり信頼性があるからです。

いくらサクラでも評価が良いのを積み重ねるのは難しいです。

 

できれば中国のネットショップであれば王冠マークやダイヤモンドマークなど評価の度合いが高いところが良いですね。

 

また、お店の名前が初期のshop~とかではなく~ショップとか専門性がある名前が含まれていたりするしっかりとお店の名前を決めているところから購入することが望ましいです。

 

 

まとめ とにかく慎重に取引

英語や中国語が分からなくてもグーグル翻訳などで翻訳すれば海外からの輸入のハードルは低くありません。

 

しかし、その分巧妙な詐欺をする人もいますので何か怪しいなと思えばその時点で商品を購入することをやめましょう。

 

珍しい商品を売っているほどリスクがあります。

だからと言って珍しい商品を売っているから絶対詐欺られると言うことではありませんので慎重に取引をしましょう。