メルラーのフリマ・物販ライフ 

主にメルカリなどのフリマアプリ、アマゾンについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリなどのフリマアプリ、アマゾンなどを利用しての経験の情報を更新していきます!PR案件なども募集しております!

メルカリ取引1000件以上の写真撮影の仕方 1回の撮影で売れる!?

スポンサーリンク

f:id:meruler:20200821180236j:plain

 

どうも!写真を撮るのは得意でないメルラーです。

 

写真撮影をメルカリで売れないからと後から何回もやるのはもう面倒くさいです。

メルカリで商品を売るのに写真撮影の時間が長いと時間がもったいないですし、写真撮影の専門家でもなくそこまで手間をかけたくないです。

 

取引件数が1000件を超える僕が1回の写真撮影でメルカリで売れる写真を撮る方法をご紹介します!

 

 

  

シンプルに、無駄ところを移さない

出品する商品以外、おまけなの?と思われるようなものを一緒にうつさないようにしましょう。

 

なるべく背景はシンプルなものであまりゴチャゴチャしたとろで撮影するのは避けましょう。

商品の第一印象として2ブロックが清潔感があるのと同じでスッキリとした印象を与えましょう。

 

また、売っている商品でないものを一緒に撮影するとトラブルの元にもなります。

 

できれば背景は白か黒物どちらも用意しておくと便利

延長線上になりますが、背景はシンプルと言いましたができれば白か黒に近い色で撮影すると良いでしょう。

 

白っぽい商品の場合黒に近い色や黒でも良いのですが商品がハッキリとわかりやすい色の背景で撮影しましょう。

 

家の壁やドアなどを使用しても良いでしょう。

 

色も自然に近い色を出す

自然に近い色というのは結構難しいかもしれません。

太陽の光で反射せず、買った商品が届いて購入者が見たとしても同じ色に見えさせることが必要です。

 

ギラギラと晴れた日よりも曇りの日の方がうまく撮影できる場合もあります。

 

出来るだけ蛍光灯の明かりで撮影しない方が自然な感じで撮影できます。

 

ネットショップの商品画像を参考にする

ネットショップの商品画像は照明を使って撮影しているものもあります。

もちろん、自然の光も必要ですが、自然の光でうまくいかない場合やもっとクオリティを高めたい場合は是非ともネットショップの商品画像を参考にしましょう。

 

ネットショップの商品画像はプロが撮影しているものもありますので上手い撮影の仕方だなと思う画像は勉強して活かしましょう。

 

 商品の被写体の角度やどのような部分を撮影すれば良いのかも学ぶことができます。

 

 

その商品のどこが購入の際のポイントになるか考える

商品が新品であればその商品の魅力となる部分をアップでわかりやすく撮影すると購買率が上がるでしょう。

 

もし、傷や汚れなど難がある部分があればその部分をわかりやすくアップして撮影すると嘘偽りない出品者と信用され安心して購入することができます。

 

商品説明だけでは伝わらないことを画像で伝えるのもポイントになります。 

 

大きさがわかるように撮る

大きさを物差しで測ってこのくらいかと理解するより、何かその商品と比べて同じくらいの大きさで多くの人が日常的に目にするものを添えて撮影するとより購買率が上がるでしょう。

 

 

まとめ

僕が写真撮影で気にしていることは以上になりますね。

これで取引1000件の僕と同じように購買率が上がれば幸いです。

 

そのまま本来の商品の画像を使うのも手です。

それでも実際の実物の撮影をした方が売れやすいので写真撮影は必要になりますね。

 

写真撮影はスマホで十分ですよ!