海外ネットショップから個人輸入する際に気をつけたい『住所』

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20180814155723j:plain

どうも!海外ネットショップからの個人輸入経験があるメルラーです。

 

いや〜〜、しかし、海外ネットショップで仕入れれば売れる物を幅広く増やすこともできるんですよね。

 

国内の商品に限らず、海外で流行っているものなどを仕入れれば日本で流行る可能性があれば売れますよね。

 

でも、海外のネットショップで気をつけておきたいこともあるんです。

 

流行る商品が手に入るという事もあるのでより気をつけて欲しいです。

 

特に住所は気をつけないと下手をしたら手元に届かない場合だってあります。

せっかく良い商品を購入したのにそこになかった手間暇をかけるなんて勿体無い。

 

メルラーも実際体験した事も含めて書いてみました。

 

 

相手が住所を間違う

 自分が住所を入力するのに間違う事もありますが、それは単なるミスなので防ごうと思えば簡単です。

 

しかし、商品を届ける相手の方が住所を間違えることは防ぎずらいです。

 

相手が気をつけなければいけないのもそうです。

 

でも、意外と住所の入力も海外向けの発送に慣れていなければ、文化も違う国同士お互い価値観も違います。

 

住所がわかりずらかったら適当に誤魔化すなんて事もあるかもしれません。

 

世界は広いので1つ1つの国や地域の文化を知ることは難しいです。

 

 

ですので、住所を相手が伝票に入力した際にその伝票を間違いがないか確認のため、写真にとって確認する事も必要です。 

 

自分もミスを気をつけなければいけませんが、防げるミスは自分だけでなく、取引相手も踏まえて対策するとなお不安も心配もなくなり、もっと仕事に集中できるでしょう。

 

 

自分の住所の書き方が日本人にわかりづらい

これは結構あるんですよね。

 

でも、相手が日本語がわからない海外の人であれば住所の入力で日本語を書いてもらうのは難しいですよね。

 

これは防げないと思います。

 

もちろん、配達する日本の方は海外の言語が読めない場合がほとんどでしょう。

大抵、海外のネットショップでの発送時の伝票は英語での記入なのでその点で日本に輸入されないことはないのでしょうが、少し住所の入力を間違っているだけで発送に手間取る配達員も多いようです。

 

なので自分の住所の入力の間違いは一番自分の首を絞めるように感じますので絶対防ぎたいことです。

 

住所入力も今の日本国内のネットショップであれば少々住所を書かなくても届く場合もありますが、海外のネットショップで日本からお買い物をした場合には少し住所を間違っていると商品が届かない事もありますのでくれぐれも住所の入力は確認を何回もすることをお勧めします。