メルカリの取引評価がされないで取引が終了する2つの理由

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20180812165635j:plain

 

どうも!結構メルカリのトラブルで取引評価されない事があるメルラーです。

 

メルカリのトラブルは日常茶飯事ですかね?

あなたの取引ではどうでしょうか?

 

うまく取引できていますか?

 

中には僕のように取引評価をされない場合もあるのではないでしょうか?

 

 

経験がある人は今回の記事の内容がわかるかもしれませんが、経験がない人はちょっと気になりますよね?

 

 

取引相手との意見が合わず取引評価されない場合

まず、取引相手との意見が合わないと取引が収束しませんよね?

取引を終わらせるには双方納得しなければ取引評価をしません。

 

いつまで経ってもだだをこねて気分を害したのか評価をしない人もいますが、それはすべてのトラブルに対して有効ではありません。

 

もしかしたらあなたもその方法で解決しようとしたかもしれませんが、逆に取引評価がされないまま終わって何の意味もなかったなんて場合もあります。

 

 

双方で意見が合わない時はメルカリの事務局が判断できるような理由がなければ解決が難しい場合もありますので注意して取引をしましょう。

 

 

 

取引相手や出品者どちらか1人が評価をしない場合

 今度は取引しているどちらかが納得しないでいつまでも評価しない場合です。

 

これには取引評価の期限もありますので、必ず取引評価でできない形でも取引を強制的に終了させる事は出来てしまいます。

 

そのため、わざと取引評価をしないで悪い評価をつけさせない方法なんかも出来てしまうんですよね。

 

どちらにしても取引の仕方はベストではないですね。