メルカリライフ 

主にメルカリについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリを利用しての経験の情報を更新していきます!

メルカリ 商品購入してから自分のミスなのに何とか特をしようとする人って何なの?

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20180702093221j:plain

『取引件数が多くなってくると必ず2割くらいの人が文句を言ってくる。』

 

どうも!メルラーです!

 

いやーー、取引件数が増えれば必ずと言っていいほど少しはクレイマーみたいな人が出てきます。

 

その度に落ち込むこともありますが、でも8割方は良い評価をしてくれる人がいるので当たり前なことだとは思います。

 

そこで勘違いしている人がおられます。

 

それは何かと言うと、メルカリはアマゾンや楽天市場と同じネットショップだと思っている人です。

 

 

アマゾンや楽天市場などのネットショップはちゃんと企業として成り立っています。

 

しかし、メルカリはあくまでもフリマアプリです。

 

この違いがわからない人が多いと思います。

 

フリマアプリと言うのは、『企業』が出品している人ではありません。(最近は公式にメルカリのショップができましたので企業の参加も少なくはありませんが)

 

一般人が取引をしているのです。

 

企業の社員ではないのです。

 

それなのに、文句ばかり言われ、返品だの、返金だの、訴えるだの色んな脅し文句を使い、優越感に浸ろうとする人や勘違いをしている人がいます。

 

そんなに文句を言いたいのであればネットショップで文句が出ないほどの商品を買えば良いんじゃないのではないでしょうか?

 

まあ、こちらも声を高々と上げて言い返すのも出品者としてはやりたくはないので、多少の言い分は言います。

 

でも、結局メルカリの事務局に頼ると言う購入者の結果。

 

『法的に訴える』と 言った人はどうしたのでしょうか?

 

流石にこれが企業だったら、業務妨害ですよ!

 

まあ、こちらとしては下手に動くと揚げ足を取られることもありますのでとりあえず必要最低限の対応をします。

 

まあ、事務局に相談するのであれば事務局に相談すれば良いだろうし、事務局が適切な判断ができなければそれこそ法的に訴えれば良いですし、とにかく取引が進むのを待つってだけであまり気にしないほうがいいですね。

 

なので、慌てることもなく、こちらの言い分と相手の言い分を聞いての確実な論破だけを考えていれば問題ないと思います。