メルカリで取引評価が「良い」なのにコメント書いてこない人はなぜ?

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20171115090902j:plain

 

メルカリを売り買いで利用していると取引評価をしなくてはいけません。

 

取引評価とはただ単に良い・普通・悪いのどれかを選んで評価するだけです。

 

取引評価とは良い・普通・悪いの評価を選ぶだけでもなく、コメントを評価に添えることもできます。

 

そのコメントは大半が「ありがとうございました!また機会がありましたらよろしくお願いします。」と書く人が多いのです。

 

もちろん、悪い評価をつけていた場合は特に悪い評価それなりのコメントが書かれていることがあります。

 

ところがコメントを添えてこない人も少なくはないです。

 

 

コメント添える派?添えない派?

どうやら取引評価をする場合、コメントを取引評価に添える派と添えない派に分かれているようです。

 

なぜ?コメントを取引評価に添えない人がいるのか?それともコメントをするべきなのか?今回はその疑問を解決していきながらメルカリで良い取引を求めるためにはコメントをするべきなのかについても迫ります!

 

それではまず、なぜ取引評価にコメントを添えない人がいるのか?から探っていきます。

 

 

理由も2パターン?

取引評価にコメントを添えないにも2パターンが考えられます。

1つは「取引内容が良くなかったから」、もう1つは「ただ単に添えたくない」とがあります。

 

「取引内容が良くない」というのは、「良い」取引評価以外をつけるまでではないが、コメントを添える程ではない場合が挙げられます。

 

例で言えば、商品は良かったが取引相手の態度や取引の進め方に少し不快感があった。

逆に取引相手の態度や取引の進め方は良かったが、商品があまり良い状態ではなかった場合や商品が思ったより実物にガッカリしたりなど...

 

要するに、文句やクレームを言おうとしてもそこまで言う事ではない場合と言う事がほとんどだと思います。

 

そして、もう1つの理由「ただ単に添えたくない」ですが、時間がない、面倒臭いなどが関係してきます。

 

まだある理由3つ目

取引メッセージからコメントするパターンがあります。

 

取引評価には何もコメントしないけれど、取引メッセージにコメントする人がこの3つ目の理由に当てはまると思います。

 

なぜなのかはまだ模索中で、考えられる理由としては2回も同じメッセージをするまででないと思う方もいると思われます。

 

確かに、取引評価にも書くけど、また取引メッセージにも書くのは面倒なのは確かですね。

 

取引評価にコメントしたのはいいけど出品者の方が取引メッセージでコメントしてきたら、かなり取引している人は面倒だと思います。

 

取引評価にコメントを添えるべき?

次に、「取引評価でコメントをするべきなのか?」と言う疑問ですが基本コメントをするべきでしょう。

 

良い評価だからコメントしない、面倒臭いから評価しない等何かに理由をつけてコメントしないのは今後の取引を考えるとあまり良くないと思います。

 

長くメルカリで取引を続けたいのであればそれなりに、丁寧に細かく取引をしていった方が今後の取引に有利です。

 

また、全然大雑把で取引が適当な人は取引が上手くいかなくなる傾向があると取引評価から見てわかります。

 

少しくらいの気持ちが積み重なり、大きくなると、取引に支障をきたし結果良い取引ができなくなり、トラブルを起こしてしまいます。

 

ポイントとしては何事もやらなくても良いと選択肢があり、例え選択をしなくても良いところもちゃんと選択してやりこなす事です。

 

ネット上の取引ですので、face to faceではありません。

 

そのため、顔の表情ややり取りの感情がわかりにくいです。

 

そこをカバーできるとすれば、メルカリ自体を丁寧に了解し、取引する事です。

 

取引など元気が良い感じで取引すると好印象を持たれ、取引が上手くいくと思います。

 

しかし、好印象だけではカバーしきれませんのであくまでも「文字に命を吹き込ませる」程度でお考え下さい。