メルラー 〜良い取引を求めて〜 フリマ・ネットショップ運営

メルカリを初めて早1年を過ぎ、取引評価良い1000件超え! 最高月利益30万~40万。 色々始めました。 メルカリ、ラクマ、ヤフオク!等のフリマやAmazon、Yahoo!ショッピング、ネットショップ運営についても情報を更新していきます!

ゆうゆうメルカリ便で送るごとにポイントバックキャンペーン

f:id:meruler:20170808062348j:plain

 

順調なキャンペーン

 

次のキャンペーンはくじじゃなくて良かった~

でも、これはなかなか売れない人は大変かと思います。

シンプルなキャンペーンですね。(ゆうパックで発送する商品対象)

 

でもキャンペーンの順番として、出品でくじが引けるとなると出品数が増える→購入されるとポイントがもらえるとなると何かしら売り文句を考える。

ドンドン売れるサイクルですね。

 

やはり、現金出品問題などの影響があってどんどんキャンペーンを押しているのでしょうか?

出品するとくじが引けるキャンペーンの時は、よく、ペットボトルの飲料水が高く売られていたりと、出品してくじを引く目的であって、明らかに購入してほしいために出品しているというふうに見受けられませんでした。

 

ポイントバックキャンペーンとは?

それで今回のキャンペーンは、配送方法がゆうゆうメルカリ便の商品が売れた時に、出品者の方がポイントを25ポイントもらえるというものです。ですが、ここで誤解が出てきそうなのは、ゆうゆうメルカリ便には、二つの送り方というか、種類があって、1つはゆうパケット、もう1つはゆうパックです。

 

この二つの送り方のどちらで発送しても、ポイントをもらえるのではなく、ゆうパックで発送した時のみにポイントがもらえるのです。

 

 

それで、メルラーもキャンペーンを詳しく調べなかったため、そのキャンペーンを見た時は大はしゃぎしたのですが、いざゆうゆうメルカリ便の商品が売れて、取引評価もされて「いつポイント反映されるのだろう?」と思って調べたら、「ほとんどゆうパケットで発送する商品を出品してないじゃん!」ということになりました。

こういうふうに、メルカリのキャンペーンが始まると嬉しくなるのはわかりますが、ちゃんとキャンペーンの詳細を調べないとそのうち損をするかもしれませんね。(今回は損していませんが...)

 

でもこのキャンペーン、コンビニでの発送ができない以上郵便局で発送しなければいけません。

となると郵便局で発送することになるのですが、その郵便局も対応している郵便局は大きい郵便局でないと発送できないはずです。(まだシステムが入っていない関係で)

 

余談ですが....

さらに、そうなると、出品者はゆうゆうメルカリ便の発送方法では商品を出品する方は大幅に減るのではないでしょうか?

 

家の近くから発送したい方、どこかに出かけたついでに発送したい方などなど.....

 

あまり遠くに郵便局がある方はゆうゆうメルカリ便を利用したいとは思わないはずです。

これじゃポイントバックキャンペーンはタイミング悪く、失敗に終わったようなもの....

ゆうゆうメルカリ便でのコンビニ発送はシステムメンテナンスのために、コンビニから発送できないのですが、あまりにもメンテナンスが長すぎます。

 

1か月以上経っているのではないでしょうか?

 

これでは利用者は離れるばかり.....(特にゆうゆうメルカリ便を利用する方)

こうなると影響が出てくるのは、出品者側だけでなく、商品を購入する購入者側にも影響がでてくると思います。

なぜなら、もし、先程説明したメンテナンスの関係やまだゆうゆうメルカリ便自体がまだまだ浸透していないとしたら、出品者が配送方法でゆうゆうメルカリ便を選択しなければ、購入者の方も購入しない。

 

要するに、ゆうゆうメルカリ便としてニーズに合った顧客が利用されず、購入者も集まらない。

 

ただ、それだけではなく、お互い匿名配送であるゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便では一部送料がゆうゆうメルカリ便の方が安いところもあり、商品の価格的には、ゆうゆうメルカリ便の方が安くなることが多くなると思われます。

ですので、匿名配送の商品のみをご希望の方であれば、金銭的にゆうゆうメルカリ便の方が当然、らくらくメルカリ便に比べれば、商品の価格が安いわけですから、ゆうゆうメルカリ便の商品をターゲットとします。

 

そうなるとますます商品が売れなくなっていく。

 

こういうことが考えられます。

 

そうなっていくとメンテナンス中はかなり出品者も購入者もhappyではないです。

もしかしたら、ゆうゆうメルカリ便よりらくらくメルカリ便の方が商品売れやすいかも.....

 

 

この記事を更新するのが遅くそくなりましたが更新余談でお話ししたゆうゆうメルカリ便のことはまた詳しく記事に書きます!