メルラー 〜良い取引を求めて〜 フリマ・ネットショップ運営

メルカリを初めて早1年を過ぎ、取引評価良い1000件超え! 月利益30万~40万。 コンサルタントも始めました。 メルカリ、ラクマ、ヤフオク!等のフリマやAmazon、Yahoo!ショッピング、ネットショップ運営についても情報を更新していきます!

ゆうゆうメルカリ便は浸透しなければ使われない?

大丈夫かゆうゆうメルカリ便?

 

今回はゆうゆうメルカリ便を利用していてふと思ったことをお話しします。

 

ゆうゆうメルカリ便を使わない人が多ければ浸透しない。 

最近、ゆうゆうメルカリ便を利用し始めたのですが、出品者としての立場から見て、どうもゆうゆうメルカリ便を知っている方が少ないような気がしてきて....

 というのは、私自身、出品している商品のほとんどの配送方法をゆうゆうメルカリ便に変更したのですが、らくらくメルカリ便の方の購入率の方が多いような気がします。

 

 もしそれが、多く出品者の方が感じていることだとしたら、それはゆうゆうメルカリ便についてあまり興味がない、あるいは、郵便局の配送をあまり好む方が少ないという背景が見えてきます。

でも、メルカリ側はどうやってゆうゆうメルカリ便を浸透させていくのでしょうか?

ポイントのキャッシュバックキャンペーンのように...

 

 

でも早くゆうゆうメルカリ便をメルカリ利用者に浸透させてもらわないと、このままではほかのゆうゆうメルカリ便の商品も売れないような....

そんなことを言ってもゆうゆうメルカリ便は実際、商品を発送してから届くまでらくらくメルカリ便より遅いようです。私もゆうゆうメルカリ便を利用したことがありますが、遠い地域だからとかはあまり関係ないと思います。

でも唯一、遅い理由として考えられるとしたら、ゆうパケットだと遅いのかもしれません。

 どういうことかと言いますと、ゆうゆうメルカリ便には、2種類の配送サービスがあります。

 

1つはゆうパケット、もう1つはゆうパック。

 

 それで、このゆうパケットはあくまでも憶測ですが、荷物を送るトラックが大きいために、その大きいトラックに荷物が溜まるまでに時間がかかれば配送するのも遅くなると思います。

 ましてや、ゆうパケットですので、サイズがA4サイズの大きさの物ですので、そこまで大きい物にはならず、ほほ小さい物ばかりですので、荷物が溜まるのが遅くなると思います。

 でもあくまでも憶測でゆうパケットではメルラーは発送したことがないのでわかりません。

 

 

 このようにいくつかメルカリ便とニーズのすれ違いがあれば、意外とコンビニ、郵便局で商品を受け取れるというニーズより、今まで通りのメルカリ便のニーズの方が勝るのかもしれません。

ところで、らくらくメルカリ便が世の中に浸透したのはいつごろでしょうか?

私は、メルカリが始まった当初から利用していたわけではなく、しばらく経って、時期的にはCM(メルカリ族)でよく流れるようになってからですかね。

やはり、CMの影響力は強いのでしょうか?

 私も、メルカリのCMを見ていなかったらメルカリを利用しなかったかもしれません。

 CMでゆうゆうメルカリ便を世の中に浸透することができれば、ゆうゆうメルカリ便の商品も売れやすくなるのかもしれません。

 しかし、ゆうゆうメルカリ便を浸透させるためには、メルカリの目玉であるらくらくメルカリ便より便利でないといけないのではないでしょうか?

 

 

便利でないといけないのもそうですが、ゆうゆうメルカリ便を浸透させるには、メルカリ便より便利であると強く印象付けられなければ浸透していかないと思います。

だが、ゆうゆうメルカリ便の利用者に対するニーズを考えたら,圧倒的にゆうゆうメルカリ便。そのうちらくらくメルカリ便なくなるかな?とも思います。

でも、ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便は使い分けがこれから多くなるかと思います。

一番の使い分けは家の近く、あるいは、いつもの通り道にコンビニ、郵便局があるかだと思います。

 

 

出品者、購入者どちらの利用者にも言えることで。

出品者は発送するのに自宅から近くかあるいはいつも通る通り道に、コンビニか郵便局がなくては発送する気にはならないと思います。もし近くにコンビニか郵便局のどちらか片方がなければ、ゆうゆうメルカリ便は利用せず、らくらくメルカリ便を利用すると思います。

そして購入者は、ゆうゆうメルカリ便においての利用者のニーズとしては、自宅ではなく、コンビニか郵便局で受け取れなければ利用することはほとんどないと思います。

 そうなると、やはり自宅の近くかいつも通る通り道にコンビニか郵便局がなければ利用することはないと思います。

 

 

ただ使い分けはこれだけではなく、配送にも使い分けは関わってきます。

例えば、ゆうパケットとネコポス。

 

配送料金が安く、対応サイズも大きめなのがネコポスよりゆうパケットです。

ですが、ゆうゆうメルカリ便の場合は今ご紹介したゆうパケットか60サイズ~100サイズまでのゆうパケットしか配送サイズを選べません。

ところが、その間のサイズがらくらくメルカリ便には、宅配便コンパクトというのが存在してます。

 

 

 

このように、ただ単にゆうゆうメルカリ便を選ぶからくらくメルカリ便を選ぶわけではありません。

こういったメリット、デメリットがあってもゆうゆうメルカリ便の方がより活用しやすい部分をあげて宣伝していかなくては浸透しないと思います。

まだまだゆうゆうメルカリ便を理解していない方も見受けます。

 取引においてメルカリについて何もしらないのであれば損のし放題です。

それに、トラブルも起きかねません。

 

 簡単に利用できることがCMで流れている以上、もうひと踏ん張りわかりやすく、簡単に利用できることを運営の方には目指してほしいと思います。