メルカリライフ 

主にメルカリについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリを利用しての経験の情報を更新していきます!

メルカリ すでに売れている商品に「いいね!」するのはなぜ?

スポンサーリンク

 

f:id:meruler:20190430175709j:plain

どうも!いいね!を何回もつけてくるメルカリユーザーに時々疑問を感じざるを得ないメルラーです。

 

いいね!ってつけられて売れないと逆に困っちゃいますよね?

それ以外にもいいね!をつけられて困惑することがあると思います。

 

今回はその1つとしてすでに売れている商品に『いいね!』をすることについて問います。

 

 

いいね!するの なんで?

なんでもうとっくに売れている商品に「いいね!」をつけてくるの? ということがメルカリをしているとたまにあるかと思います。

なんでそういうことが起こるのか? 探っていきましょう!

 

www.meruler.com

 

 

 お気に入り機能の「いいね!」!?

まず、考えられるのは「お気に入り機能」としての「いいね!」というのはメルカリの機能にはネットをしていて「ブックマーク」をつけるとか「お気に入り」に保存するといった機能が備わってなく、その出品者本人を「お気に入り」または「ブックマーク」として保存みたいなのができないので「いいね!」をすでに売れている商品にするのです。

 

今はフォローという形でいいねをしなくてもその出品している出品者をお気に入り登録的なことができます。

 

www.meruler.com

 

 

それでは、なぜすでに売れている商品に「いいね!」するかというと、何も「いいね!」されていない商品に「いいね!」するのは失礼というか、出品者からしたらはっきり言って邪魔にすぎないからです。

 

何も「いいね!」されていない商品に「いいね!」してしまうと、購入したい人だと思われたり、なかなか再出品しずらくなる原因にもなりかねないからです。

 

なぜ、出品しずらくなるの?

 

例えば、欲しい商品を購入希望でとりあえず「いいね!」してもし、せっかく「いいね!」したばかりの商品が再出品されたらガッカリしませんか?

 

ですので、再出品しずらくなるのです。

もちろん、購入希望の方は「いいね!」されていない商品に「いいね!」して良いと思います。

ただし売れていなくて「いいね!」がついている商品、特にたくさん「いいね!」がついている商品に「お気に入り」や「ブックマーク」などの目的で「いいね!」をするのは、迷惑かもしれませんので同様に控えましょう。 

 

 

ライバルとしての「いいね!」!?

ほかに「いいね!」として、購入希望なのか判断しずらいのは、ライバルの場合です。

 

ライバルとは?

 

 出品されている商品と同じ物を出品している出品者の方がライバルですね。(自分なりに考えてライバルなのですが普通に考えるとただ単に同じ物を出品している方々なのですが....)

 

もっと詳しく説明しますと....

 

もし、出品されている商品と同じ物を出品している出品者の方がいたとしたら、同じ商品を出品しているわけですから、どちらか先に売れないと先に売れなかった出品者は売れにくくなりますよね。

 

そうなると、同じ商品を出品している出品者は、考えます。

「値下げされていないか」、「売れていないか」「自分の商品が売れにくくなっていないか」などと そのために、「いいね!」をつけてライバルの動向を探ることもあります。

 

また、ライバルは「いいね!」をつけている方に限りません。 意外とライバルが多い時もその商品によってあります。

 

また、ライバルが多くても、商品によっては人気があったりすれば、ライバル関係なくすぐ売れることなんかもあります。 商品に人気があるかどうかはネットで探る必要もありそうですね。

 

www.meruler.com

www.meruler.com

 

 

 売れた商品を参考?

あとすでに売れている商品に「いいね!」される理由は....

 

売れた商品を参考にしたくてすぐ見れるように「いいね!」をするのが考えられます。

 

商品を出品する際、出品する物と同じ物が売れていたら参考にしたいと思いませんか? 実際、私も参考にさせてもらったり、参考にされたりしています。(たぶん参考にされていると思っている)

 

でも、自分の商品を参考にされたと確認できた時はうれしいです。(「いいね!」された方を調べた結果)

あとすでに売れている商品に「いいね!」される理由としては、その売れた商品が欲しかった場合などです。

 

 例えば、商品を探していて、欲しい商品の参考として、すでに売れた商品に「いいね!」をします。

 

 

 最後に

ここまで、すでに売れた商品に「いいね!」がつく理由をいくつかあげましたが、どれも、いち早く商品の情報を知るための「いいね!」がほとんどですね。

「いいね!」をうまく利用することができれば、また新たなテクニックが付きますね。