メルラー 〜良い取引を求めて〜 フリマ・ネットショップ運営

メルカリを初めて早1年を過ぎ、取引評価良い1000件超え! 月利益30万~40万。 コンサルタントも始めました。 メルカリ、ラクマ、ヤフオク!等のフリマやAmazon、Yahoo!ショッピング、ネットショップ運営についても情報を更新していきます!

忙しい方も必見! メルカリで意外と手抜きの出品はリスクがある!?でも手抜き出品の方が売れやすいことも....

f:id:meruler:20170807095700j:plain

 

手抜き出品

メルカリをやっていて忙しいけど出品したい時にほとんど商品説明も書かずに出品することがありますが、そういった手を抜いて出品した商品の方が意外と売れやすいことがあります。

それでは、一生懸命商品説明を考えなくていいのか?という話になりますがそういうことではないとは思いますがそれでも意外と商品は売れてます。

 

手抜き出品はリスクがある

でも出品者の手抜きの出品では商品だけの問題ではなく、出品者の信用にも関わってきます。

 

商品が説明しなくてもいい物や新品な物とかは別として...

 

出品者の信用を下げてしまう原因としては、出品の際の手抜きそのものです。

商品説明を書いていないで写真だけだと「この出品者の人と安全に取引できるのか?」、「違う商品がきたり、状態が悪い物が届かないか?」と購入しようとする人は疑ってしまいます。それどころか、「コメントもすぐ帰ってこなそうな感じだし」、「こんなんでは取引にならなそう」などはなから真剣に取引をしようとする気持ちがわかなくなり、スルーされてしまいます。

もちろん、商品説明だけを書いていないだけではなく、写真もどこかのネットからコピーした写真ではそもそもの商品の状態が目視できなくなります。

それにいくら新品であってもどこからかコピーした写真でも本当にこの人と取引をしていいのか考えてしまいます。「新品で少しだけ安いけどこの出品者に詐欺られてお金を無駄にするよりちゃんとしたショップで購入した方がよさそう」とか...

 

 

 安心感は必要だが苦労をかけず

要するに前の記事でもご紹介しましたが購入者の安心感を求めなければならないのです。しかも、何の苦労もなく。

 

www.meruler.com

www.meruler.com

www.meruler.com

安心感について詳しくはこちらから↑ 

 

いくら安心感がある出品者や商品でも、商品説明が細かすぎたり、写真をたくさん撮っているけど写真の画像が小さすぎたり、コメントをしてもうまくやり取りができないのであればその出品者とは取引をしたくはありませんよね。

購入者、購入希望者にとって安心感の次に大事なのは何の苦労もなく、普通の店舗に行って商品を手に取りレジまで運べるように購入できるかです。

 

商品をカゴまで入れてその商品を元あった棚に戻したり、購入しないのであればもちろん我々が目標とする出品者の信用がなかったことになります。

 

ここまで出品の手抜きは良くないことをご紹介しましたが、基本的には手抜きは出品者としての信用もそこないますし、何より商品を購入する段取りまでたどり着けなくなります。

 

手抜き出品をした商品が売れるメカニズム

ではなぜ出品に手抜きがあるのに商品は売れてしまうのでしょうか?そのメカニズムを探っていきましょう!

まず、手抜き商品が売れる可能性がある出品の仕方についてです。

「シンプルな出品でも売れる商品」これが一番可能性として考えられます。

シンプルな出品とは商品説明をあまり書かない、写真は少なくて済むといったことです。例をあげれば、チケット関係、切手などなど。その商品を購入してからすぐ消費してしまう物が主だと思います。

ですので、商品のジャンルがはっきりと限られてきます。

それでも、精密機械が売れてしまったりします。

精密機械なのに手抜き出品しても商品が売れるのは少ないかもしれませんが、精密機械が例え壊れていたりしても直せたり、部品だけが欲しい人にとっては手抜き出品の商品でも問題ありません。

それに商品が壊れていてもあまり気にしない人も売れるメカニズムに関係してきます。

手間がかかっている出品の商品より手抜き出品の商品が売れやすいのか?

それでは本題に戻り手抜き出品の方が商品が売れるか?についてです。

確かに手抜き出品の商品が売れることもあります。あくまでも基本は手間をかけて出品することです。そんなに手間をかけなくてもいいですが、最低でもちゃんと商品説明を書いて写真を綺麗に撮る。なおかつ購入希望者に購入するまでに変な手間をかけないことは商品が売れやすくするためにも出品者の信用のためにも鉄則です。

要するに、手抜き出品の商品が売れやすいこともあれば手間をかけた出品の商品の方が売れやすいこともある。だけど9割方、手間をかけた出品の商品の方が何より売れやすいと思います。そして購入者にとってその出品する商品は購入しやすい出品ができているかを客観的に考えましょう!

 

最後に

私自身出品をしていて手間をかけて商品を出品した方がその商品が売れた時に凄い達成感がありますし、良い取引ができることも多いです。

手抜き出品は悪いとは言いませんが、トラブルの原因にもなります。

もちろん、忙しい時にどうしても出品したい時は手抜きになる傾向があります。

そういう時はできるだけ出品した後から商品を編集するようにしましょう。

手抜きはそのままで良いとそのまま出品しておくと後でトラブルを巻き起こし逆に忙しさを自ら作ってしまします。

どうしても忙しい時は後からでも遅くはないので必ず編集するように心がけましょう!

 

でも意外と難がある商品や結構マニアックな商品、商品説明しずらい商品の出品は手抜きの方が売れやすいです。しかし、売れやすいという話だけで必ずしも良い取引ができるとは限らなくなります。

上手く出品できるように手抜き出品も使いこなせるともっと商品が売れやすくなるかもしれませんね。