メルカリライフ 

主にメルカリについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリを利用しての経験の情報を更新していきます!

【値下げ交渉のコツ】メルカリでよくあるパターン別値下げ交渉  お支払いと購入は別!?

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20180827180445j:plain

 

 値下げのパターンに分けて出品者、交渉者も考えないと出品者、交渉者どちらも手が打てなくなり、場合によってはお互い気持ちよく良い取引ができなくなると思います。

 

いつまで経っても購入できないのであればどちらかが諦めるしかないのですが、それも購入者にとってはキツイものがありますよね...

 

なので今回はたっぷりと値下げのコツをご紹介します!!!

 

 

 

「こちらの商品は値下げ可能でしょうか?」

まず、交渉する時に交渉者側が「こちらの商品は値下げ可能でしょうか?」という初歩的な交渉をご紹介します!

 

 「こちらの商品は値下げ可能でしょうか?」と交渉する前にその交渉する相手(出品者)のプロフィールに、「値下げ交渉は受け付けません」などとプロフィールだけではなく商品説明などに書いてある場合もあります。

 

プロフィールや商品説明だけでなく、もしかしたら写真にも書いてあるかもしれません。

 

ここで値下げできるかを判断しないと後々、トラブルになり兼ねませんので重要な注目ポイントです!

 
 

値下げ交渉受け付けませんと書いてあったら?

「値下げ交渉は受け付けません」と書いてある場合はなるべく値下げ交渉は控えましょう!

 

ですが、『商品によっては値下げすれば絶対購入する!』『この商品絶対欲しい!』など、そのような場合はダメ元で交渉してみると意外と値下げに応じてくれるかもしれませんのでダメ元の場合でも失礼がないように交渉してみましょう!

 

しかし、『値下げ交渉を受け付けない』と書いてあるわけですからあまりしつこい値下げ交渉はトラブルの元になります。

 

実際はあまり直接的な値下げ交渉をせず、ケースがいらないとかバラ売りなどの交渉をしてみると値下げ確率アップかもしれませんよ。

 

 

出品者の対応は?

ちなみに「値下げ交渉は受け付けません」と書いてある出品者の方は交渉者が値下げ交渉してくる時は、値下げできない場合はキッパリと断りましょう!

 

もし、値下げ交渉を受け付けないと出品者が書いていても値下げ交渉ができた時は、値下げ交渉できないと書いたのにも関わらず、勇気を出して交渉してくれたのですから出品者の方は「大丈夫ですよ」などと一声かけてから交渉に応じると良い取引につながると思います。

 

 

値下げ交渉できるかどうかの出品者の対応

話を最初に戻して「こちらの商品は値下げ可能でしょうか?」と交渉された場合、出品者の方はとりあえず「できます」か「できません」で対応しましょう。

 

そこでコツがあるのですが、できる場合に、相手がもし交渉で悩む時や悩んでいる様子であれば、「今ならさらにお安くします」や「~もつけますのでいかがでしょうか?」と進めてみてもいいのではないのでしょうか?

 

できる場合は相手も値下げできる事に嬉しいと思いますので、もっと嬉しくなる対応をしてあげると購入率もアップするでしょう。

 

 

「~円なら即購入できますがいかがでしょうか?」

次に「~円なら即購入できますがいかがでしょうか?」 の場合は、ある意味要注意かもしれません。

 

一回なぜ要注意なのかもう一回考えなおしてみてください。

 

 

「即購入=すぐお支払いまで」というわけではないんです。

 

要するに、ATM/コンビニ払いの方は、購入ボタンを押して建前上購入で、完全に購入されたわけではないんです!

 

私も、いくらかやられましたね~

 

ある商品を購入してもらい、もちろんATM/コンビニ払いの方でお支払いしてもらえるだろうと思いました。

 

なかなかすぐお支払いしてもらえない....

 

そのまま、お支払いを待っていると購入した相手から「同じ商品を持っていたのでキャンセルでお願いします」と一言。

 

その瞬間私は、なんだと~ と思いました。

 

こういうふうに、ATM/コンビニ払いの方で購入はしても購入したその日にお支払いまですぐしてくれない方もいます。

 

さらに、取引をキャンセルするにしても購入者の方からはキャンセルすることはできず、出品者の方からキャンセルすることになっており、今回の場合のように相手からキャンセルしたい時は、申し出てキャンセルするのだと思います。

2018年8月27日現在はキャンセルすればすぐキャンセル手続きが完了したり、場合によっては運営が判断し取引の途中でもすぐキャンセルされるようになっています。

 

月イチ払いの機能もありますが、やはりコンビニ/ATMで直接お支払いに行く人にとっては足が重くそこまで俊敏にお支払いというのは難しいようで即お支払いはあまりないですね。

 

 

値下げできるのはなぜか?

ここまで値下げの交渉のあり方をパターン別に見てきましたが、次にそもそもなぜ値下げできるかについてみていきたいと思います。

 

あらかじめ価格を高く設定していればいくらか安くすることは可能だと思います。

 

ですが、明らかに安い物も見受けますよね。

 

それは、商品を安く購入したり、他人から譲ってもらったり、相場のリサーチをしていなかったり、購入した商品にあまり興味がなく詳しくなかったりする場合があげられると思います。

 

中には、初売りでもの凄く安く購入した方がいれば、もの凄く安く出品する場合だってあると思います。

 

  そこらへんを見分ける力も取引をしていくうちに身についていきます。