メルカリライフ 

主にメルカリについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリを利用しての経験の情報を更新していきます!

メルカリ 商品説明は書いておいたほうがトラブル回避?

僕の愛用アプリ 【広告】

f:id:meruler:20180708150229j:plain

 

2018年7月8日追記  

 

 

 

 

面倒な作業

メルカリで面倒な作業といえば商品説明ではないでしょうか? 商品説明はあまり具体的に書かなくても売れる時がありますが具体的に書かなければならない時は面倒くさいと思います。

 

トラブルに発展?

そんな具体的に書かなければならない時といえば具体的に書かないと商品の状態がわからなく、トラブルになりかねない時。 基本的には商品説明を具体的に商品説明をわかりやすく書くと思います。 要するに、商品を見てくれる方々に失礼がないようにわかりやすくそして、グダグダ書かないことをオススメします。 まぁ、そんな感じです。

 

最後に

でも商品説明を書くのに時間がない、あるいはあまり時間を商品説明にかけていられない忙しい方には、商品の状態を箇条書きでも良いのでわかりやすく書くことが最低限必要だと経験上思います。 やはり一番困るのは後で文句をつけられる時に、悪い評価のなかで「商品説明に書いて欲しかった」「商品説明に書いてある物と違う」などというのがあげられます。 そうなると今後の取引に支障が出かねないと思います。 そんなことを言っているのですが、いたずらで変な評価をしてくる場合もしばしばです。 その場合は、むやみにコメントせず、ただなぜその評価をしたのかを聞きますが、そこで感情的にならずあまりコメントを控えたほうがいいと思います。(例外もありますが) まぁ、とにかくわかりにくい説明だと購入しにくいと思いますので、わかりやすい説明を書くにはいろいろと工夫が必要だと思います。

 

  

 

商品説明を書く時は、グダグダに書か、箇条書きでもいいのでわかりやすく書くことをオススメしますが、商品説明はどの程度がわかりやすく感じられるのでしょうか?

商品説明は長く書かないことがわかりやすく思われます。 もちろん、商品の説明上や商品の状態を書くのに具体的にかかなくてはいけない時は長くなってもかまいませんが、できるだけ短く書きましょう! 商品説明が詳しく書いてあったとしても、長く書いていれば購入意欲を損なうことが出てきます。 商品のことに対して詳しく書くことは良いのですがあまり関係ないことを書いてしまうとマイナスになってしまうこともあります。 よかれと思って詳しく書いたことが結果的に商品を購入から遠ざけてしまうこともあるのです。 あとは表現によってわかりやすいかどうかの感じ方が違ってくると思います。 続きはまた書き込みます。

 

 

商品説明をめんどくさがって詳しく書かなかったり、正確な情報を書かなかったりするとそれは出品者本人の責任です。

メルカリのこれからは責任をもって取引をしないと思わぬところで運営も助けられない落とし穴もあり、対策を立てないと取引が難しくなります。

 

したがって、出品する際はきちんと緊張感をもって出品するようにしましょう。

 

 

文章を読まない人もいます

最近では、メルカリの便利さが強くなっている中で取引をあまり重んじてしない人がいます。

 

その例で一番多いのが商品説明やプロフィールを読まない、文章を読まない人です。

 

今の時代、本を読む人というのは減りました。

今ではスキマ時間に情報をゲットできる程度の文章しか文章を真剣に読むことが少なくなりました。

 

メルカリの利用者もよくガイドを読まない人も多いですので、ちゃんと商品説明は書いておいたほうがなおさら良いのです。

 

なぜなら、文章を読んでいないために商品の返品や返金のトラブルが出品者にとっては少なくなり、そのようなトラブルを回避できるからです。

 

やはり、基本的な事はしておく事が良いですね。