メルカリライフ 

主にメルカリについて取引の仕方や利用の仕方、実際にメルカリを利用しての経験の情報を更新していきます!

メルカリで全然売れなくなった出品者がスピード発送バッジで売れるようになったら超絶ありがたいよね

f:id:meruler:20190403095509j:plain

 

どうも!スピード発送バッジ適用のおかげか適応されてから早速商品が売れたメルラーです。

 

iOS版のメルカリをご利用のあなた!

スピード発送バッジが試験的に適応されていますか?

 

僕は適応されたみたいで早速商品が売れました。(1個ですが...)

 

 

スピード発送バッジ適応で早速ガッチリ?

最近の僕のメルカリの出品者としては全然売り上げが上がりません。

つまり停滞期です。

 

そのために色々やってはいるのですが...

 

そんな停滞期にメルカリの運営の方からお知らせがきて...

まあ、ここら辺のお話はこのブログに書いていますのでそちらから

 

その停滞期にスピード発送バッジが適応されたのです!

これで期待が膨らみましたね。

そして商品が早速売れたのです!(因果性があるのかは不明)

 

 

スピード発送バッジ計画の背景

これは僕の考えですがスピード発送バッジの計画には次の意図があると思います。

  • メルカリ利用者増による発送日数の短縮
  • 発送日数が早いユーザーが多い
  • 発送日数を早くしamazonよりよりすごいサービスを

 

メルカリ利用者による発送日数の短縮・発送日数が早いユーザーが多い

ちょっと難しい感じの文章になりましたが...

メルカリの利用者はもうすでにヤフオク!を超えました。

ヤフオク!を超えたというのはかなりすごいことでしてかなりの大きい市場です。

 

もしかしたらママ友はみんなやっているなんて説もあるかもしれません(笑)

 

そこでメルカリの利用者が右肩上がりに増えることにより、出品者も多くなります。

ただ、メルカリの出品者でも発送が遅かったり、購入者のニーズとして発送日数が早い方が良いという傾向が何かしらデータからわかるのであれば購入意欲推進として計画しているのではないかということを僕は考えました。

 

発送日数を早くしamazonよりよりすごいサービスを

これはほぼ野望に近いかもしれません。

今や天下のamazonと言っても過言ではないでしょう。

先ほどもお話が出ましたが発送日数が早い方が取引もスムーズに進み、メルカリとしてはトラブルがなく、良い取引ができると考えていると思います。

amazonが今のところ配達までの時間が早いと思います。(離島などは除き)

 

amazonを超えるまではいきませんがそこまでの勢いがあればもっとすごい市場になるでしょう。

 

また、食べ物の取り扱いなども利用促進できるかと思います。

 

 

最後に

まあ、今回の記事はあくまで仮説に過ぎないです。

僕としてはメルカリの利用者で売り上げがダンダン落ちてきた人も多いと思います。

さらにメルカリの市場的にも本当に安い物しか買わないようになってしまえば取引が滞るのも見えてくると思います。

やはり市場は大きくなれども課題はあると思いますし、将来のメルカリを考えての施策だと思います。

 

これからもっと施策が多くなることも今のメルカリの状況からすればありえます。

 

僕の商品もスピード発送バッジのおかげでバンバン売れたらまたブログで報告します!

 

 

 

 

 

メルカリ 取引における安心感を作るまとめ

f:id:meruler:20190423114732j:plain

 

どうも!もっとスムーズに取引ができるように目指しているメルラーです。

 

メルカリで何も疑問に思うことなく、自然と購入されるためには購入者から見た出品者の安心感が必要だと思います。

 

そこで僕は研究を重ね、メルカリで安心感がある出品者というのはどんなことかを記事にしてきました。

 

ということでここに取引に安心感を持たせる方法をまとめました!

 

 

プロフィール

まあ、簡単に言うとデメリットばかり書いているとダメってことです。

あれもダメ、これもダメでは購入しようとしている人の気が失せます。

 

どちらかと言うとあれもやります、これもやりますの方が良いです。

 

それに自己紹介的なことも少し書いて、取引に安心さを持たせましょう。

そんな個人的なことは書かなくては良いですが、取引をする上で安心させることは必須です。

 

こんな物が好きで集めていてそれを出品するとかそんな感じです。

 

取引をする前に何事もプロフィールからこの記事に書いてあることは最低でもしておきたいです。

そのほかの詳しいことは取引を積み重ねる度で良いでしょう。

 

詳しくはこちら↓

 

www.meruler.com

 

 

出品写真

 商品を出品する上で写真が綺麗でないと購入率が落ちますね。

商品説明でも商品について書く必要がありますが、それ以上にどんなものか写真を見ないとなかなか購入したくないですよね。

全てを商品説明でカバーできるわけではありませんし...

 

今のメルカリでは出品写真は10枚まで掲載することができますので思う存分写真は撮っておき、細かいところまで購入者が購入しても安心できるように悪いところを取りましょう。

 

なぜ悪いところを取るのか?

それは悪いところをとればそれだけしか悪いところがないと判断できるからです。

悪いところを細かく取れないと言うのは後からクレームが出てきてもしょうがないです。

 

なので悪いところはドンドン出しておきましょう。

これは取引をやってみないとわからないかな?

 

それと出品する商品に売れる工夫をしましょう。

もし、数少ないものであれば『数量限定』と写真を加工し、レア(希少)なものであればレア、激安なものであれば『激安』などと出品する商品の写真の1枚目に大きく掲載できるようにしましょう。

これがあるのとないのとでは結構差がありますよ!

その他詳しくはこちらから↓

 

www.meruler.com

 

 

商品説明には デメリットは書くなメリットを書け!だけどデメリットも書けよ

商品説明は写真と同様といきたいのですが、文章でデメリットを本当に書きすぎるとデメリットの塊になってしまいます。

だからといってデメリットを書かないのはダメです!

 

それではどうすれば良いでしょうか?

 

デメリットを超えるメリットを書くのです!

 

バカみたいに思えますがこれしかない気がします。

だってデメリットを書かなければ購入者の方は悲しみ、良い取引にはなりません。

そんなの自分でもイヤです。

 

そしたらデメリットがありつつもどのように使えば良いのかを書くと言うことが唯一の救いではないでしょうか?

 

そのことについても詳しくはこちらから↓

 

www.meruler.com

 

 

価格付けは慎重に 

写真、商品説明ときて価格付けになりますね。

ここまでくると価格のつけ方に困るのではないでしょうか?

 

確かに価格付けに困るかもしれません。

しかし、今のメルカリでは市場が大きくなっていることもあり、前に売れた商品を見てその売れた傾向の価格で出品するのが無難ではあります。

 

無難とはいってもその商品の状態にもよりますね。

ボロボロなのに新品の価格と同じにすると言うのは相当なプレミアがついていない限り難しいです。

 

そして価格付けというのは購入者の最終的な決断材料になります。

まあ、そもそも高すぎる価格は早くに購入枠から外れますが...

 

amazonと比べると言うのが多いですね。

でも、amazonとメルカリは違うんですがね...

しかしそれには逆らえません。

ネットショップのトップですし、やはりメルカリよりamazonの方が安ければamazonで購入する人の方が多いですから。

 

なので価格は慎重に。

 

詳しくはこちら↓

 

www.meruler.com

 

 

取引評価で見抜け!

取引評価は出品者・購入者の性格など取引の仕方など、その人自身を知ることができるものですね。

 

なので購入者であっても、出品者であってもこの人と果たして取引をしても良いのか?を判断して取引を進めることができます。

 

購入者目線を書いたのがこちら↓

 

www.meruler.com

 出品者目線としてはまず取引しないほうが良い取引相手というのはイチャモンをつける相手くらいでしょう。

最近は取引評価が悪く、取引する本人があまり良い取引をしないのであってもメルカリの運営がしっかりしているので大きなトラブルに発展して取引が困難になるということは減っています。

 

まあ、メルカリを始めた頃というのは神経質になるかもしれませんが慣れればそうでも無くなりますよ。

 

それでも購入者が損をすることの方が結構痛手ですよね?

やはりそこは購入者として信頼できる取引相手なのかを確認してから購入することが求められます。

そんな簡単に和解できると思わない方が良いです。

でも、価格が安かったりするのであれば諦めも必要だと思うんですがね...

 

 

最後に

やはり安心感がある出品者、購入者でないと取引しようと思わないようになってきました。

 

出品者は特に安心感がないと誰も購入してくれません。

不安が生まれてしまうと一気に購入意欲というのは減ります。

 

なのでそういうところもキッチリしないとせっかく良い商品を出品していても勿体無いですよ!

メルカリ 取引中の配送方法の変更まとめ

f:id:meruler:20190423084855j:plain

 

どうも!取引中の色々な要望に応えるメルラーです。

 

メルカリだと会社の方針があるわけでもないメルカリの出品者としてはメルカリの規定内のルールを守り、出品者も対応をしていかなくては商品は売れていかないと思っています。

 

これをライバルと差をつけるとも言い方によっては言いますが、しかしマニュアルがない我々出品者にとっては手探り状態ではないでしょうか?

 

 

取引をしていれば必要になることの一つとしてこの記事にまとめました。

どうぞ参考になれば良いと思います。

 

 

匿名配送はらくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便だけ

メルカリと言えば匿名配送が便利というイメージがある人もいるでしょう。

僕もそう思ってやってきました。

まあ、最近では他のフリマアプリでも匿名配送はできるようになりましたね。

 

しかし、匿名配送はメルカリにおいてはらくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便のみになります。

 

これを発送前になって配送方法の変更を頼まれたりして焦ってしまったらトラブルにつながりかねないです。

 

そのことについてあまり関係ないですがそういう苦しい思いをした体験談がこちらの記事で記されています↓

 

 

www.meruler.com

 

 

やはりガイドには目を通しておきたいですが、やはり発送前になって焦るのもよくないということですね。

 

 

サイズと送料と価格を気にする

僕は結構うっかりミスで発送するサイズの割には商品の価格と割に合わないなんてことがありました。

 

前までは出品している商品と発送するサイズごとに制限がありました。

このサイズだとこの最低出品価格でという感じです。

 

今は無くなって便利になったのですが今も発送する商品のサイズと出品している商品の価格には注意です!

 

なぜなら、出品価格がその商品が売れた時に発送するサイズの送料を下回ってしまうと利益がマイナスになってしまいます。

利益がでゼロよりマイナスです。

 

これは何を表すかというと送料が払えていないということです。

つまり、出品者は送料を払うはずなのに払わず取引をしてしまうということです。

 

これは明らかに出品者が本来払うはずの送料を払わないことになるのでヤバイです。

そしてそうなった暁にメルカリの利用制限などかけられてしまうので注意です。

 

前はそういう心配より発送できない心配の方があったのですが(もちろん、前から利益がマイナスになることは注意ですが...)利益をマイナスにしてでも売ってしまいたい気持ちはわかりますが送料払ってませんので何が起こるかわかりません。

 

ちなみに前はまとめ売りの時に大変でした。

今も人気のある商品とそうでない商品をまとめ売りして全部売ろうとしても売れないときもあって、どうしても大きいものだけ残ってそれだけを出品してしまい、その商品が売れたら今回のような利益マイナスなことになることも気づくと潜んでいますのでくれぐれもサイズ、送料、商品の価格は気をつけましょう。

 

ちなみに前にこのような経験したことはあまり関係性がありませんがこちらの記事から↓

 

www.meruler.com

 

 

指定日配送を急に頼まれる

指定日配送を取引中でしかも発送する寸前など困る場合もあると思います。

ここで焦ってもまた、ミスやトラブルになりかねないです。

もし、指定日配送の変更が厳しいようであれば出品者がキャンセルしても悪くはないと思います。

 

あまり無理して頑張っても結果良い取引にはならないこともあるからです。

まあ、急に頼むという人も早々いませんがどうしても頼まなければいけない人もいると思います。

 

しかし、出品者として取引が上手くいかないとなると出品者だけではなく、取引自体が良くならないこともあります。

 

なので急な変更などは対応できないということも取引の選択肢として考える必要はあります。

合わせて読みたい記事はこちら↓

 

www.meruler.com

 

 

最後に

購入されたらあとは発送するだけというのは大方ですが、そうでないことも多いです。

出品者としてはそこのところの心構えとシミュレーションをしておくとミスやトラブルを避けることができます。

 

また、購入者の立場にたっても購入してからの無理なお願いは極力避ける方が良いでしょう。

結果的に無理をさせなくても良いという場合もありますし、購入する前に考えても問題ないと思います。

 

購入者が焦ると出品者も焦ります。

 

以上。

メルカリの手数料どうにかならないのか?

f:id:meruler:20190403090959j:plain

どうも!メルカリの手数料のおかげで10%引きの計算が上手くなったメルラーです。

 

メルカリで必ず手数料が取られるので取引を1000件していればもう手数料計算なんかお手の物。

 

というのは置いておいて...

 

メルカリの手数料って避けては通れない道なのでしょうか?

 

 

メルカリの手数料は高い?

メルカリの手数料は10%です。

ラクマと比べると確かラクマが3.5%でしたね。

やはりメルカリの10%は高いように思えますね...

 

ただ、僕もこのブログで書きましたが消費税と比べればどうでしょうか?

 

www.meruler.com

 

 

手数料について他の人の意見

結構、メルカリの手数料が高いと言っている人はネットでちらほら見かけます。

せめて10%というよりは500以下の商品は手数料無料とか実施できないのでしょうか?

 

とにかくメルカリの手数料はないほうが良い気はしますね。

 

 

手数料を徴収する背景

メルカリの場合は匿名配送のシステムもあり、その他社員もメルカリの公式ホームページを見ると多いように感じます。

 

そうなるとやはり手数料10%というのはしょうがないと思えます。

ヤフオク!でさえもプレミアム会員に登録しても手数料が8.64%です。

 

ヤフオク!で考えるともっと社員がいそうなイメージなので広告料だけでは正直会社としてはやっていけないのではと思います。

 

メルカリで早く発送できる出品者は売り上げが上がるかも?スピード発送バッジの存在

f:id:meruler:20190402211646j:plain
 

 

どうも!スピード発送バッジを適応されたメルラーです。

 

ある日、お知らせでこんなメッセージが届きました。

 

f:id:meruler:20190402210340j:plain

 

このメッセージによると何やら『スピード発送バッジ』が適応されたそうです!!!

 

 

スピード発送バッジとは?

上の画像に書かれている通りだと端的ですが、要するに平均発送時間が24時間以内の出品者に適応されるんですね。

 

対象となる方は、発送日数が1~2日の方になります。

僕かなりスピード発送のようですね。

 

そしてiOS版のメルカリ利用者の方のみ試験的に行っているようです。

ちなみにアンドロイド版の方が対応予定とのこと...

 

 

24時間以内の発送のメリットは?

発送時間がかからない出品者は良いですよね。

なぜなら購入者は欲しいものを早く手元に届いて欲しいですから。

 

でも24時間以内の発送ってすごくないですか?

amazonでも24時間以内に発送されないこともあるじゃないですか...

 

それで購買欲を出せれば良いですね!

 

 

 

 

現代のお金の使い方の背景からわかるメルカリの利用者思考

 

f:id:meruler:20190402144702j:plain



どうも!メルカリでの他の利用者の思考が知りたくなってくるメルラーです。

 

 

近年はバブルの時代よりお金を使わない主義になっています。

働き方も働きたくない人が多くなって、ロングライフのための生活になりがちです。

 

メルカリでも時代の背景から利用の仕方に照らし合わせることができ、わかります。

 

 

お金を使いたくない

近年は節約思考なので商品が安くならないと買わない。

商品が値下げされないなら値下げされるまで待つ。

 

という感じが取引をしていて思います。

まあ、そもそもメルカリは安く買うのが普通なのですが...

 

 

どんなに少額でも値引き

50円とか100円とか300円の物に対しても値引きを要請してくる人もいますね。

 そこまで値引きをして何かあるの?と思ってしまいます。

値下げをしないで利益を得ようとするのが丸見えという足元を見られることもありますが、逆にこういう値引きをしてくる人は足元見られますがね...

 

 

売りたい時は値下げしない

メルカリは購入者が出品者になることもできます。

しかし、値下げしてほしいと思う購入者はほとんどが自ら出品者ともなると値下げをしないという取引をしているのが現状です。

 

取引をしていると自分が出品者としては値下げしないようにして購入者になると値下げをするというなんだか考えさせられる事柄です。

 

お金の使い方が浮き彫りになります...

 

 

最後に

メルカリの公式データに基づくとやはり関西圏の方々の取引が上手いようですね。

商売といえば大阪というイメージもありますが、やはり商売の仕方についても学ばなくてはいけないようですね。

 

今回の記事のように見ていくと今後の日本はどんどんお金を使わず溜まりがちになりそう...

 

う〜〜〜ん、お金は天下の回りものですか...

メルカリについての本3冊読んでみて

どうも!メルカリについての本も気になるメルラーです。

 

僕はメルカリを利用していてブログを書いているくらいなのでニュースとかでメルカリについて報道されていると必ず釘ずけになります。

 

僕もメルカリについての情報を知りたいんですよね。

ただ、僕ってネットから情報を得るのではなくて本から得ることが多いんです。

 

それで結構メルカリについての本も見るのですが、今回は読んだ本の中からいくつかご紹介します!

 

 

 メルカリの達人

メルカリの達人!

メルカリの達人!

 

 書いていることはシンプル。

でも、セミナーなどを受けてみたいと思うくらいのノウハウを持っていそう...

阿部悠人さんの仕入れ方法にも似ています。

でも、リサイクルショップを営業しているだけあってそころのところの知識を持っていて仕入れ方もリサイクルショップ営業者ならではと見受けるところもあります。

 

 

 

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ 

本だけでは足りない気もして色々なところから情報を集めようと思っています。

そのうち情報商材にも首を突っ込んでそこのところどうなのかこのブログでかければ良いのですが...

まあどちらにしても情報を得るということが大事ですのでメルカリ利用者の方は読んでおいてみては?

なぜメルカリのリサイクルショップ思考を否定する人がいるのか? 

f:id:meruler:20190402175323j:plain

どうも!フリマアプリとリサイクルショップが好きなメルラーです。

 

リサイクルショップはそんなに頻繁に利用するわけではないんですが、見てると楽しいですよね。

 

ただ、メルカリのサービスを否定する人もいますよね。

もちろん、メルカリに限らずフリマアプリについてですが...

 

こんなにも多くの利用者に親しまれているメルカリではありますが、経済について詳しい専門家の人の中にはメルカリなどのサービスが多くを占めると経済の循環に危惧を呈しているようです。

 

 

リサイクルショップは経済が循環しない?

僕はリサイクルショップが嫌なわけでありません。

むしろリサイクルショップは結構利用する方です。

 

リサイクルショップはほとんどが中古品を販売しますよね?

リサイクルショップでばかり利用してしまうと新品の商品が売れずらくなります。

大まかな話ですが、中古品を繰り返して販売と購入を繰り返すと新しい商品が売れないということでいくら新商品を販売しても売れなくなってしまいます。

 

こうなると何が起きるでしょう。

前に販売した物だけが使い回されて、新商品が売れない分けですから企業は売り上げを出せません。

 

このようなことが続けば経済はうまく回りづらくなるというのです。

 

 

 でも新しい商品は売れる

しかし、ここで疑問なのが新しい商品が売れないということはないと思います。

なぜなら新商品が前に発売した商品よりより性能が優れていれば新商品に手を伸ばしたくなるはずです。

 

つまり、余計な支出をしないがためにリサイクルショップなどを利用するという面ではむしろ経済は回るのではないかと思います。

 

そうやって余計なコストは削り、投資していくようなスタイルになれば経済はもっと良くなるでしょう。

 

 

最後に

メルカリやリサイクルショップなどは日本の勿体無い精神が現代まで上手く伝わっていると思います。

 

やっぱりまだ使えるのに使わないというものが多くなる方が環境の問題にもなります。

良いものは良い商品だということも消費者が企業に伝えられるというのもまた良い社会だと思います。

 

メルカリで値下げ交渉が来るようになったらその価格じゃないと売れないかも?

f:id:meruler:20190402103315j:plain


 

どうも!出来るだけ値下げをつけないで妥当な価格でつけていると思うメルラーです。

 

メルカリも市場が多くなり、出品している商品がたくさんになってきましたね。

メルカリで値下げをしないで商品を売るというのは無理に近いと言われています。

 

まあ、そういう市場になってしまったのでしょうがないと思います。

 

ただ、やはり価格が市場的にも妥当なら値下げしなくても良いと思うんですよね。

というよりかは購入したい人は値下げしてくれるのを待っているという傾向がありますね。

それだと購入意欲が薄れますね。

 

でも、値下げしないと売れないんです。

 

 

値下げがくるようになったら素直に応じる

値下げ交渉がくるようになった商品というのは値下げをする必要があるかもしれませんね。

なぜなら、大幅な値下げでなく、市場的にもあっている値下げ交渉であればその価格でないと売れないかもしれないからです。

 

メルカリで購入する人というのはどこよりも安い商品を購入したいという考えが多いです。

 

そうなればamazonや近くの家電量販店より安く買おうと思うわけなのですからもちろん、そこより安い金額を求めてメルカリに購入しにきます。

 

メルカリは安く買う市場の方が強いのでそういう価格を自分でも調べてコメントが来れば値下げに応じ、損切りのような決断をした方が良いでしょう。

 

 

長期的に見れば安売りが損になる?

ただ、価格の相場というのは変わります。

そのため、amazonや家電量販店などのお店の市場を調べてその時は安い価格にしなければいけませんが、1ヶ月経つと価格が値上がりするかもしれません。

 

なのでそういう商品かどうかを出品する前にあらかじめ確認しておくと損切りのような値下げをしなくても良いでしょう。

 

 

最後に

メルカリは基本的に値下げをした方が良いですね。

なぜなら、値下げ市場ですから。

市場の中でこれだけ値下げがしやすい市場はないと思います。

家電量販店の値切りのプロの方もいましたが、やはりメルカリは値下げをしやすいです。

 

高く売りたいのであればそれなりに工夫もしなくてはいけませんね。

ただ、価格の変動を待って売れるかどうかを迷うと、なかなか売れないということもあります。

やはり購入者も相場の値動きを見ているということもあるでしょう。

なので売りきりたい商品かどうかも選別しながら上手く取引する必要もあるでしょう。

メルカリで性別を間違えて出品すると大変だよね

f:id:meruler:20190402090608j:plain

どうも!出品の際は慎重に間違えがないか記入しているメルラーです。

 

メルカリで取引が多くなると取引にも慣れてきますよね?

 

取引に慣れることは良いことです。

しかし、取引に慣れるとミスが浮き出てくることもあります。

 

ちょっとしたミスでもものすごく嫌になります...

 

 

商品のカテゴリー性別を間違うとかなり大変

今はカテゴリー分けの際に自動で出てくることがあります。

まあ、自動で出てきた方が便利ではありますが、たまにメンズとレディース一緒に出てくることもあります。

何回も商品を再出品していると慣れが生じて出品作業のスピードが早くなりがちです。

 

そんな時にたまにメンズとレディースを間違うなんて恐れもあります。

 

カテゴリー性別を間違うと結構大変です。

前にテレビでみたことがあるのですがペアルックとかでメンズとレディースの見分けがつかない商品なんか特にそうですね。

 

ここを間違えてしまうとかなり落ち込むと思います。

 

 

性別に限らず、サイズ記載を間違えても大変

 メンズとレディースの性別カテゴリーを間違えるのも大変ですが、同じようにサイズの記載をうっかり間違えてしまっても大変です。

 

例えば、『幅』と『囲』です。

 

このサイズの単位を間違えるとエライサイズの違いがあります。

知りたい人は是非調べてください。

 

 

 最後に

メルカリは気軽に商品を売ることができて良いのですが、うっかりミスが痛いところにもなります。

 

急いで購入しようとしたり、出品したりする時は要注意ですね。

ちゃんと商品説明など確かめて購入、出品しましょう!